シュン右肘負傷?!基礎練ライド IN 駒沢公園

 先月のこと。JFBF京都大会に向け練習している時期に右肘の痛みを訴えていたシュン。練習開始から数時間は痛みなく乗れるものの、一日中練習するというのは出来ない状態でした。

次男が疲労骨折でお世話になっていたベースボールスポーツクリニックを受診しレントゲンを撮ったところ、関節ねずみ(関節表面からはがれ落ちた関節軟骨や小骨片)があるだろうと分かったものの、他に大きな症状もなかったので大会には出場。

その後MRIを撮り、やはりレントゲンに写っていたのは関節ねずみであり、「離断性骨軟骨炎」であると診断されました。また一部で骨の変形が見られることが分かりました。

痛みの原因がこれらであるかはハッキリしませんが、痛みが出たら乗らないこと、経過観察となりました。また、関節ねずみは動いたり大きくなったりするので肘の可動域が変わったり、強い痛みが出たら手術して取ることもあるというお話でした。

関節ねずみ 2019年11月
関節ねずみ 2019年11月

3年前(小学5年生)、今回と同じく右肘に痛みが走り、野球肘と診断され1年間BMXから完全に離れた時期がありました。その時の症状と似ているところもあり、しばらくは無理せず基礎練を重ねていきたいと思います。

 駒沢公園はランプ、ジャンラン、ヒップなど、敷地がコンパクトな割にはセクションが揃っていて、シュンも気に入っているパークの一つ。

 着地の衝撃で肘が痛くなってしまうので、今日はジャンランはほぼ飛ばず、ランプで8の字を書くようにマニュアル練。逆ターンのマニュアルはなかなかメイク出来ず、何回チャレンジしたかな(笑)全く乗れなくなった3年前を考えると、少しでも乗れる今はまだマシ。冬休みもすぐそこだし、無理せず思い切り乗れる日が1日でも早まりますように。

冬のはじまり 駒沢オリンピック公園

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください